オフィスマガジン

港区の坂シリーズ 『狸穴坂 (まみあなざか)』

今回ご紹介するのは「狸穴坂」

麻布狸穴町と麻布台2丁目および東麻布2丁目の間にある坂道です。

江戸時代の古地図にも「狸穴坂」の地名があります。

このあたりは多くの大名屋敷が軒を連ねていました。

現在の地名は「麻布狸穴町」

「狸穴坂」は在日ロシア連邦大使館の西側を上る日当たりの良い坂道です。

高級マンションも立ち並ぶエリアです。

坂の下には「東京法務局 港主張所」があります。

【狸穴坂(まみあなざか)】

まみとは雌ダヌキ・ムササビまたはアナグマの類で、昔その穴(まぶ)が坂下にあったという。採鉱の穴であったという説もある。

古狸が住んでいたほら穴が坂下にあったことから「狸穴坂」と呼ばれるようになったというのが有力な説です。

狸穴公園の先には江戸情緒を今に伝える鼠坂があります。

【鼠坂(ねずみざか)】

細長く狭い道を、江戸でねずみ坂と呼ぶふうがあったといわれる。

鼠坂は植木坂に繋がります。

【植木坂(うえきざか)】

この付近に植木屋があり、菊人形を始めたという。外苑東通りからおりる所という説もある。

在日ロシア連邦大使館の東側には「日本経緯度原点」があります。

【日本経緯度原点】

明治25年(1892年)ここにあった東京天文台の子午環の中心が「日本経緯度原点」と定められました。

ここは、日本の経度と緯度を測定する基準となる点で、明治25年(1892年)に定められました。その後、3月11日の東北地方太平洋沖地震により改正がおこなわれましたが、現在も地図測量の原点として利用されています。

日本経緯度原点は、史跡として港区指定文化財にも指定されています。

日本経緯度原点の隣には「在日アフガニスタン大使館」の建物があります。

【島崎藤村旧居跡】

鼠坂を上ったところに島崎藤村の旧居跡の石碑があります。

藤村は47歳から18年間暮らしたこの地で「夜明け前」を執筆しました。

【虎ノ門・麻布台プロジェクト】

坂の上にあった麻布郵便局は取り壊され、現在、再開発が行われています。

虎ノ門五丁目・麻布台一丁目・六本木三丁目に広がる「虎ノ門・麻布台プロジェクト」です。

「メインタワー」の高さは325.19m。

高さ300mの「あべのハルカス」を抜き、日本一の高さのビルになります。

地上64階、地下5階の超高層ビルです。

「メインタワー」は低層部にオフィスや商業施設、7~52階にオフィス、54~64階に「アマンレジデンス東京」(全91戸)が入居します。

併設する地上7階、地下1階にはインターナショナルスクールが開校予定。

国籍50か国以上の生徒が約700人、グラウンドが2つの学校となります。

完成予定は2023年3月31日です。

江戸時代からある狸穴坂も、前回ご紹介した鳥居坂と同様に、周囲の建物は時代と共に変貌を遂げていきます。

 

『狸穴坂(まみあなざか)』

所在地:東京都港区麻布狸穴町と麻布台2丁目および東麻布2丁目の間

アクセス:東京メトロ(および都営地下鉄)・麻布十番駅より徒歩6分

 

港区の坂シリーズはこちらから👇(^^♪

暗闇坂

日向坂

江戸見坂

三分坂

鳥居坂

綱坂

 霊南坂

 

港区おすすめオフィス物件はこちら
仲介手数料無料のひみつ

2021年4月28日