オフィスマガジン

【虎二郎の雑学日記】増上寺編 ②

前回の記事【虎二郎の雑学日記】増上寺編の続き。

 

 

では、一体誰が眠っているのか。

 

芝増上寺:二代秀忠、六代家宣、七代家継、九代家重、十二代家慶、十四代家茂

の6人。

 

上野寛永寺:四代家綱、五代綱吉、八代吉宗、十代家治、十一代家斉、十三代家定

の6人。

 

初代家康は、日光東照宮に。三代家光は、日光山輪王寺に。

 

あれ?最後の将軍十五代慶喜は?となる訳ですが、慶喜は大政奉還を経て没時は将軍ではなかった為に一般墓地に眠っているんです。

しかし、我々庶民の感覚としては、各家には宗派があって古いお家だと檀家を務める。

かく言う私もそうだが、親族の葬儀で初めて自分の家の宗派を知ることになるくらい。

換言すれば、葬儀においては宗派が守られる。

 

余談だが、自分の家の宗派は確認しておいた方がいい。

 

宗派によって戒名の付け方は変わり、その戒名のほとんどは葬儀でお願いしたお坊さんにお願いする。お恥ずかしながら母方の親戚で起きた事件だが、ばたばたと葬儀を終え、いざ田舎の墓地への納骨の際に、家の宗派と葬儀を執り行ってくれたお坊さんの宗派が違うことが判明。あわてて、戒名の付けなおしをお願いするということがあった。(次号に続く)

(虎二郎)

浜松町エリアのオフィス物件はこちら

 

仲介手数料無料のひみつ

2018年4月20日