オフィスマガジン

フリーレントの注意点

物件を探しているときに目にする「フリーレント1か月キャンペーン中!」という文言👀

なんだかお得な情報!!と飛びつきたくなりますが、

お得にならない場合もあるんです!

今日は、そんな「フリーレント」注意点をご紹介します。

 

「フレーレント(free lent)」とは、ある一定期間の賃料が発生しないことです。

最初から「フリーレント〇ヶ月」と謳っている物件もありますが、

物件を申し込む際にオーナーへ交渉することも可能です。

契約時の初期費用の減額に繋がりますので、

実際、物件を申し込む際に「賃料減額」の次に交渉されるのが「フリーレント」です。

魅力的なフリーレントをうまく交渉するために、メリットやデメリット、注意点をしっかり理解することが重要です。

 

【メリット】

 

なんといっても契約時の初期費用を抑えることが魅力です。

例えば、賃料30万円の物件でフリーレント3ヶ月をつけられた場合、月々の賃料に換算すると、以下のようになります。

2年:約-37,500円/月(900,000円÷24ヶ月)

4年:約-18,750円/月(900,000円÷48ヶ月)

つまり、毎月の賃料の節約ができたのと同じことになるのです。

以上のことからも、「賃料減額」の交渉の次には「フリーレント」の交渉をお勧めします。

 

【デメリット】

 

基本的にフリーレントがつくと、契約期間の縛りを設定されます。

短期で解約した場合にフリーレント相当額(またはそれ以上)の違約金が設けられるケースが多く見られます。

万一、短期解約になった場合は、かえって多くの違約金を支払わなければならなくなりますので、注意が必要です。

短期で検討されている方は、フリーレントの交渉は向いていないでしょう。

以上、「フリーレント」の注意点をまとめてご紹介しました。

港四郎

 

港区おすすめオフィス物件はこちら
仲介手数料無料のひみつ

2020年12月10日