オフィスマガジン

新年のご挨拶 2022年

 

新年明けましておめでとうございます。

 

旧年中は大変お世話になり、社員一同心より御礼申し上げます。

 

本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、

 

より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

2021年のオフィス賃貸市場を振り返ってみましょう!

東京は1月に緊急事態宣言(第二回目)から始まり、

オフィス賃貸市場は非常に厳しいスタートでした。

その後、4月25日~6月20日(第三回)、

7月12日~9月30日(第四回)と続き、

空室率の方も上昇し続けていき、年末には7%を超える形となりました。

※主要3区・弊社調べ

【参考】オフィスマーケットデータ(三鬼商事株式会社)

 

 

 

 

 

大規模オフィスビルの供給量に関しては、

 

2020年に比べ半分以下の数となっております

しかしながら、かつてのようにテナント誘致ができていないため、

空室率が上昇する状況となっております。

【参考】東京23区の大規模オフィスビル市場動向調査(森ビル株式会社)

そのため2022年は、各ビルオーナーが何としても空室を埋めるために、

フリーレントや賃料減額等の様々なキャンペーンを検討する形になるかと思われます。

 

 

『2020年 新年のご挨拶』 にてお願いしておりましたが、

移転を考えている(必要な)企業にとって2022年は、

比較する物件候補が増えている上、

お得にオフィスを借りることができるチャンスかもしれません。

まずは物件情報を集めるだけでもいかがでしょうか。

オフィス探しなら青空不動産へお任せください!

港区おすすめオフィス物件はこちら
仲介手数料無料のひみつ

2022年1月14日