オフィスマガジン

港区の美術館めぐり 第1回 『根津美術館』

芸術の秋、美しいものを観て心を豊かにしたい!ということで、本日は根津美術館に伺いました。

10月26日~12月16日までの展示は、「新・桃山の作陶」。お茶の道具です。茶道歴〇〇年の空子としては、見逃せません。

 

 静謐という言葉が似あうアプローチ。

入場券は栞として使えます。素敵です~(^^♪

展示物の撮影は禁止なので、残念ながら写真は撮れませんでした。

パンフレットをごらんください。

ちなみに平日の午後とは思えないほど混雑していました。

この器たちを使ってどんな茶会が開かれていたのでしょう。

人々が花を活けたり、向付を盛りつけたり、お茶を点てて飲んだりしていた道具が、土の中から出てきて、今自分の目の前にあるという感動。このお皿にはどんなお菓子が合うか、なんて考えながら観ていくと、時の経つのも忘れます。

じっくり鑑賞した後は、もうひとつのお楽しみ!庭園のお散歩!!

川のように細長い池を真ん中に、4つの茶室と様々な石造物を配した広大な庭園は、まさに都会のオアシス。鳥のさえずりが心を癒してくれます。ところどころ紅葉していました。

茶室は一般の人も借りることができます。こんな素敵な茶室でお茶会ができたら幸せです。

すれ違う人はどこの国からいらしたのでしょう。色々な言語が聞こえてきました。

こんな素晴らしい美術館が都心にあるなんて、日本人として誇らしく思いました!(^^)!

青山にいらっしゃることがあったら、ぜひ足を伸ばしてみることをお勧めします。

 

~根津美術館の情報~

 

開館時間  午前10時~午後5時(入館は4時半まで)

休館日   月曜日

入場料   一般1,300円 学生1,000円

アクセス  地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅 徒歩10分

       都バス渋88 渋谷~新橋駅行 南青山6丁目駅 徒歩5分

 

2018年11月15日